【アニメ業界】世界で2兆円突破も、国内3年連続減少 「アニメ産業レポート2018」が日本動画協会より刊行

■産業市場2兆円超え、8年連続成長だが……

 2017年のアニメ業界の動向をまとめた「アニメ産業レポート2018」が、12月に日本動画協会より刊行された。僕もレポート執筆の一部を担当させてもらっているのだが、まとめられた数字を見ることで驚かされることも多い。
 毎年刊行されるレポートの最大の特長は、「アニメ産業市場」と「アニメ業界市場」のふたつの市場規模を算出していること。数字がふたつあってやや分かりにくいが、「アニメ産業市場」は全世界でユーザーが日本アニメに支出した金額、「アニメ業界市場」は国内のアニメ制作会社の売上をまとめたものである。性格がだいぶ違う。

今回の大きな話題は、「アニメ産業市場」の2兆円超えだろう。いくつかのメディアでも取り上げられ話題になった。さらに8年連続の市場成長もある。
 2017年の映画では「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」がいずれもシリーズ最高のヒットになり、深夜発のアニメでも「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」が25億円超えを記録した。DVD・ブルーレイでは「君の名は。」「ユーリ!!! on ICE」、音楽では「ラブライブ!サンシャイン!!」など大ヒットが目白押しだ。
 大きな数字と着実な成長、こうした作品はまるで日本のアニメ産業の明るい未来を約束しているかのようだ。

■商品化市場は過去12年で最も低かった

 華やかな数字や作品の一方で、いくつかの別の重要な数字が見落とされている。そうしたサインは、アニメ産業の成長がそれほど確かでないことを示している。
 まずひとつは「アニメ産業市場」。2兆1527億円前年比8パーセントの成長だが、実はこのうち9948億円は海外における市場である。海外の数字は海外でのファンの映像や商品・サービスの購入にあたる。国内では消費されておらず、日本の景気とは距離がある。

そこで国内だけに「アニメ産業市場」を絞ってみるとどうだろうか? アニメ産業市場全体から海外を除外すると次のようになる。

2013年=1兆1886億円
2014年=1兆3034億円
2015年=1兆2382億円
2016年=1兆2248億円
2017年=1兆1579億円

2014年までは成長を続けているが、2015年以降は3年連続で減少している。つまり、2015年以降、実は国内アニメ産業の成長は止まっている。
 伸び悩んだのは、ビジネス構造転換で岐路に立ち4年連続で減少したビデオパッケージ(DVD、ブルーレイ)、さらに商品化は過去12年間で最も低い数字になった。好調を伝えられる劇場映画も2016年の「君の名は。」の反動による落ち込みを除いても、興行収入は5年間で過去最低だ。いずれもアニメビジネスのなかではよりコアな部分に近い。楽観できないとの印象だ。

■2018年以降の中国動向に注目

 もちろん海外市場の急激な成長は、国内アニメ企業にも恩恵をもたらしている。アニメ制会社が海外企業から受け取る映像販売・ライセンス販売の収入は着実に増えている。
 アニメ制作会社の売上を集計した「アニメ業界市場」は「アニメ産業市場」よりぐっと規模は小さく2412億円だが、2009年の1457億円から成長を続けている。ここでも海外が重要な役割を果たし、海外収入524億円は5年前(2012年)の144億円の3倍以上となった。
 ただしここにも数字のマジックがある。これは業界全体の売上である。海外収入を得られるのは製作出資をし、作品の権利をもつ一部の企業に限られる。作品の権利をもたない多くの制作会社は、成長が止まった国内産業をベースにしている。アニメ制作会社内で売上の二極化が進んでいる可能性が高い。
 さらに今回の調査は2017年のもの。2018年には、頼みの綱である海外の主要市場・中国で当局の規制強化で、日本アニメの購入意欲が衰えている。今後の海外市場の成長は覚束ない。

アニメに限らないが、産業を知るうえで、少し離れて数字を見ることは重要だ。しかし大きな数字だけでは、見落とされてしまうデータも少なくない。
 今回の「アニメ産業レポート2018」では、全体の数字と、より細かな数字のギャップがとりわけ大きかった。数字の重要性と、それだけに振り回されないことの大切さをあらためて感じた。

no title

https://anime.eiga.com/news/column/sudo_business/107626/

3 名無しさん 2018/12/15(土) 14:40:37.22
だって最近面白いアニメないじゃん

4 名無しさん 2018/12/15(土) 14:40:43.09
業界人の年収はどうなの?
   改善したの?

6 名無しさん 2018/12/15(土) 14:51:43.36
日本のアニメは萌えキャラアニメばっかしやさかい

2 名無しさん 2018/12/15(土) 14:39:29.28
最近になってBDを買い集めてる
どれも数年から十数年前の作品ばかりだけど
今のは一度みればいいやってのばかり

5 名無しさん 2018/12/15(土) 14:46:21.96
つまらんアニメじゃ2次利用も伸びないか

7 名無しさん 2018/12/15(土) 14:51:48.40
自動車と同じ運命
国内では売れなくなるね
コメント 0 | web拍手

アニメ会社「アニメ作るで!時間足らんで!人手足らんで!糞作画やけどそのまま納品するンゴ!」

1 名無しさん 2018/11/21(水) 03:45:08.04
これどうにもならんの?




job_animator.png


2 名無しさん 2018/11/21(水) 03:45:38.35
うん

3 名無しさん 2018/11/21(水) 03:45:57.01
正直困太

5 名無しさん 2018/11/21(水) 03:46:47.65
万策尽きたから次回は延期や←もうやめたら?

4 名無しさん 2018/11/21(水) 03:46:34.26
消費者がそれをよしとしてるからしゃーない

7 名無しさん 2018/11/21(水) 03:47:15.27
でもブルーレイでは本気出すから皆買ってや!

8 名無しさん 2018/11/21(水) 03:47:48.64
>>7
これが本当に意味不明
完全に別作品と化してるやんけ
コメント 5 | web拍手

P.A.WORKSとかいう名作青春アニメしか作らない神アニメ会社

1 名無しさん 2018/11/12(月) 03:33:20.47
1 2008年1月 2008年3月 true tears
2 2009年7月 2009年9月 CANAAN
3 2010年4月 2010年6月 Angel Beats!
4 2011年4月 2011年9月 花咲くいろは 安藤真裕 岡田麿里 北日本放送 ポニーキャニオン
5 2012年1月 2012年3月 Another
6 2012年7月 2012年9月 TARI TARI
7 2013年4月 2013年6月 RDG レッドデータガール
8 2013年7月 2013年9月 有頂天家族
9 2013年10月 2014年4月 凪のあすから
11 2014年10月 2015年3月 SHIROBAKO
12 2015年7月 2015年9月 Charlotte
13 2016年1月 2016年3月 ハルチカ
14 2016年4月 2016年9月 クロムクロ
15 2017年4月 2017年9月 サクラクエスト
16 2017年6月 有頂天家族2
17 2018年4月 2018年6月 ウマ娘 プリティーダービー
18 2018年7月 2018年9月 天狼 Sirius the Jaeger 19 2018年10月 - 色づく世界の明日から


名作ばっかりというね

3 名無しさん 2018/11/12(月) 03:35:02.88
no title

10 名無しさん 2018/11/12(月) 03:40:03.77
>>3
なんのアニメだよ
コメント 0 | web拍手

アニメ業界関係の闇で打線くんだ

1 名無しさん 2018/10/29(月)20:36:32
1中 作画崩壊
2右 低賃金
3三 声優
4投 視聴者と制作側の価値観の乖離
5捕 制作進行
6一 外注
7遊 総作画監督
8二 背景美術
9左 第二原画

作画多めというかほぼ作画やな。他のは誰か作ってクレメンス


job_animator.png

4 名無しさん 2018/10/29(月)20:37:17
1中 作画崩壊

 これは有名やな。まあいろいろアカンことになってるやつや。更にまずいことにちょっと暴れた作画すると作画崩壊言われる模様。
 崩壊は正直DYNAMIC CHORD辺りから……たまにヤバイのないこともないけど。ある程度普通なら崩壊と言わんといてや…
コメント 2 | web拍手

【企業】サイバーエージェント、アニメ制作事業に参入 スマホゲーのアニメの時代か!?

サイバーエージェントは10月17日、アニメ制作事業に参入すると発表した。アニメレーベル「CAAnimation」(シーエーアニメーション)を同日付で設立し、メディアミックスを前提とした企画開発やプロデュースを行う。

 制作したオリジナルアニメは、同社子会社によるゲーム化や、インターネットテレビ局「AbemaTV」との連動を行う。サイバーエージェントによると、3年以内に5本程度のアニメ制作を想定しているという。

 CAAnimationのエグゼクティブプロデューサーはCygamesの落合雅也さん、ゼネラルプロデューサーはサイバーエージェントの田中宏幸さん(代表作:Wake Up, Girls!、ユーリ!!! on ICE)が務める。

 サイバーエージェントは2017年6月、子会社のCygamesと共同で、アニメIPへの投資を目的としたファンド「CA-Cygamesアニメファンド」を設立。アニメ関連の事業拡充を目的に、アニメ制作委員会への出資によるアニメのネット配信権、ゲーム化権の取得を進めていた。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/17/news093.html

cool_japan.png

2 名無しさん 2018/10/17(水) 13:37:16.57
スマホゲーのアニメなんていらないぞ

16 名無しさん 2018/10/17(水) 14:00:52.13
>>2
多分全部それになるぞ
コメント 0 | web拍手

放送が落ちるのは「悪い状態」に慣れてしまっているから 女性アニメーターに聞くアニメ業界の今

co_2016121119065059d.jpg

 近年アニメ作品のエンドロールで女性スタッフの名を目にする機会が増えてきました。女性アニメーターの視点でみたアニメ業界とは――。「総作画監督制」「アニメの放送落ち」「今と昔の新人アニメーターの仕事量の違い」など、アニメ業界が抱える問題について現役女性アニメーターを取材しました。

●なぜ制作スケジュールがギリギリになるのか
 取材に応じてくれたのは「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」2期や「黒子のバスケ」3rd seasonで作画監督、「Dance with Devils」で総作画監督など人気タイトルで活躍する小谷杏子さん。ゴールデンタイムのアニメから深夜アニメまで数々の作品に携わっている女性アニメーターです。

――2016年からアニメ作品数本で制作が放送に間に合わないという問題がクローズアップされるようになりました
小谷:そうですね。アニメーターが何人か集まると「放送落ち」の話題になっていました。

――そもそもなぜ制作が間に合わなくなってしまうのでしょうか
小谷:多くの作品はギリギリのスケジュールで制作していますから、どこかで詰まってしまうと、全ての作業が一気に滞ってしまいます。そうなると必然的に絵作りの期間が短くなり、最終的に制作が放送に間に合わなくなるのではないかと思います。

――スケジュールがギリギリになっているというのは最近のお話ですか
小谷:いいえ、ずっと以前から前日納品や当日納品といったものは存在していました。ギリギリ納品が常態化している制作会社もあると思います。
納品……放送局などに対して完成した素材を納めること。

――どこで作業が止まってしまうことが多いですか
小谷:監督の絵コンテが遅れてしまう場合もありますし、ケースバイケースです。例えばキャラクターデザインの時点でクライアントからOKが出ず、作画のステップに進めないという場合もあります。

――なぜクライアントからOKがでないのでしょうか。原作の絵とアニメの絵ではキャラクターのデザインが大きく変わってしまうということですか
小谷:いえ、そういうわけではありません。キャラクターデザインの担当者は通常、動画にした時の効率を考えてデザインをするのですが、それがクライアント側にうまく伝わらないと、修正がどんどん増えるということはあります。

――動画にした時の効率というのは
小谷:例えば原作よりも少ない線の本数でキャラクターを表現するということです。クライアントの中には「原作をそのまま再現してほしい」という方もいるのですが、漫画やゲームの場合とアニメの場合とでは制作手法や描く枚数も違うのでなかなか難しいです。

――例えばキャラクターデザインの段階で時間がかかるとどういうことになりますか
小谷:キャラクターデザインが決まらないと作画に入れませんから、やはり絵作りの期間を圧迫しますね。また作画に進めたとしても、都度手が空いているアニメーターに行き当たりばったりでお手伝いをお願いするということになってしまいます。

――スケジュールが遅れるとそういうことも発生してしまうんですね。小谷さんご自身は、アニメ制作のスケジュールがタイトになってしまう原因はどこにあると思われますか
小谷:いろいろな原因があるとは思いますが、総作画監督制がネックになっている場合が多いのではないかと感じています。私も総作監を担当することがあるので、心苦しくも思っているのですが……。
※総作画監督……話数ごとに存在する作画監督のタッチなどを統一するために存在する作画の総監督。基本的には1人で担当することが多い。

――具体的にはどういうことなのでしょうか
小谷:全てのカットに目を通し、主にキャラクターに対して修正が必要なところに修正指示を出すというのが総作画監督の仕事です。ただし制作会社や監督の意向によっては最初からカット数を制限している場合もありますし、手や足などの体のパーツのアップや小物しか映っていないカットでも全てチェックするという場合もあります。アニメを制作する場合は「1班は第1話担当」「2班は第2話担当」といった感じで、5~6班のチームが同時進行で動いています。これを1人の総作画監督が全カットをチェックするとなればボトルネックになってしまいます。

――ボトルネックになると、どういう作業進行になるのですか
小谷:やはり放送が差し迫っているものから優先で作業することになりますので、後ろの作業はさらに詰まっていくということになります。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000091-it_nlab-life

5 名無しさん 2017/03/30(木) 23:44:33.79 ID:grIEwQcn.net
何度でも言うよ
本数が多すぎる

7 名無しさん 2017/03/31(金) 00:07:36.93 ID:0d935K7G.net
>>5
作り続けないと傾く会社が多いって事よ

コメント 0 | web拍手

某アニメスタジオに労基署の手が入って、制作進行の残業代を満額支払う様になったら、進行の月給が40~50万になった模様

co_2016121119065059d.jpg

1 名無しさん 2017/02/26(日) 22:59:06.67 ID:CAP_USER.net





3 名無しさん 2017/02/26(日) 23:02:56.27 ID:TfzeAIdT.net
ぷるんぷるんしちゃったのか?

6 名無しさん 2017/02/26(日) 23:06:14.64 ID:Pj36OElK.net
どんだけ搾取されてんだよ

11 名無しさん 2017/02/26(日) 23:21:49.23 ID:/MFQ3plS.net
それでスタジオがつぶれたりせんのかな

13 名無しさん 2017/02/26(日) 23:25:02.81 ID:xv6tyora.net
スタジオが潰れるか
製作進行の契約内容が変わるだろうな
コメント 0 | web拍手

【悲報】庵野監督、シンゴジ制作で東宝にぶちギレてたww

1 名無しさん 2017/01/06(金) 19:14:50.74 ID:fCicF96Or.net
102119.jpg

11 名無しさん 2017/01/06(金) 19:17:11.53 ID:fCicF96Or.net
東宝を許すな

3 名無しさん 2017/01/06(金) 19:15:17.31 ID:fCicF96Or.net
ここではっきり言えるのが庵野ですわ

18 名無しさん 2017/01/06(金) 19:18:28.10 ID:7tYD8YQD0.net
売りたい俳優とスポンサーの思惑>映画の出来の図式
が覆らない限りダメなもん増え続けるわこれ

12 名無しさん 2017/01/06(金) 19:17:22.98 ID:nn4cpEewp.net
人間ドラマシーンは金かからないからね

15 名無しさん 2017/01/06(金) 19:18:02.45 ID:QqA753zc0.net
これは素晴らしい
庵野死んでなかったんやな
コメント 3 | web拍手

【アニメーター】年収100万円未満…アニメ制作現場、超絶ブラックで崩壊の危機か…離職率9割、人材使い捨て常態化

co_20161205125131b8c.jpg
 昨年11月、富山県のアニメ制作会社「P.A.WORKS(ピーエーワークス)」の労働実態が「ブラックすぎる」と大きな話題になった。

 同社に勤務しているという人物がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で、弁当代、寮費、バスの定期代などを控除後の支払額がわずか1477円の報酬支払明細書の画像を公開。さらに、「動画担当」から「原画担当」にステップアップできないまま3年目を迎えると、「机代」として月当たり6000円を徴収されていることを明かしたのだ。また、この人物が公開した給与のうち、もっとも高額だったのは平成28年10月支払分の6万7569円だった。

 この騒動について、同社はすでに公式サイトで説明しているが、あらためて当サイトがピーエーワークスに確認したところ、机代6000円の徴収については否定したが、1477円と6万7569円の給与については事実を認めた。

 しかし、こうした過酷な労働実態とは対照的に、日本のアニメ業界はクールジャパンの牽引役として、世界に通用するコンテンツを量産している。大ヒットしているアニメ映画『君の名は。』(東宝)は興行収入200億円を突破、邦画としては宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』(同)以来の快挙を達成した。深夜を中心にテレビ放送のアニメ作品も年々増えており、人気作の関連グッズは飛ぶように売れている。

 それなのに、なぜアニメ制作の現場で働く人たちは、ひどい労働環境を強いられているのだろうか。数々のアニメに制作・監督として携わり、日本アニメーター・演出協会の理事も務めるヤマサキオサム氏は、「アニメ業界には、いまだにしっかりした人材育成や雇用形態の保証がなされていない、という構造的な問題が存在します」と指摘する。

9割が辞める…高齢化するアニメ制作現場

 まず問題なのは、離職率の高さだ。全国各地には、絵を描くのが好きだったりジブリ作品が好きだったりという理由でアニメーターを志す若者が大勢いる。しかし、そうした若者の大半が早々に夢をあきらめて、アニメ業界から去っていってしまうという。

「割合としては、アニメ業界に入ってくる人のうち10人に1人ぐらいしか残らないのが現状です。若いアニメーターがどんどん辞めていくので、全体的に高齢化も進んでいます。年代的に一番多いのが僕らで、だいたい40代後半から50代。かつて『宇宙戦艦ヤマト』(日本テレビ系)や『機動戦士ガンダム』(テレビ朝日系)を観てアニメ業界を志した世代です。あと10年もたてば多くが60代になってしまうわけで、いよいよアニメ制作の未来は厳しくなるかもしれません」(ヤマサキ氏)

若手は年収100万円未満のケースも

 離職率が高い理由のひとつに、アニメ業界の低賃金がある。ヤマサキ氏は「本人の実力次第ですが、若手アニメーターの収入は年間100万円未満というケースもよくあります」と語る。

「出来高制の現場では、本人の仕事のスピードや要領の良し悪しによって収入が大きく左右されるため、生活できなくなる人も多い。また、アニメ制作の仕事は1日の拘束時間が10時間を超えることもザラなので、空いている時間にアルバイトするなど副収入を得る時間の余裕もありません」(同)

 一方で、実力や交渉力があるアニメーターの場合、「20代で年収500~600万円以上を稼いでいる人もいる」(同)という。低賃金で長時間労働に耐えているアニメーターが多い中で、その数倍もの収入を得ている人もいるわけだ。こうした厳しい現実も、貧困アニメーターを絶望させる一因となっている。

 アニメ業界では、「最初の3年間をどれだけ我慢できるか」が勝負ともいわれているが、その壁を乗り越える前に辞めてしまうパターンが多いのだ。

▼下記リンクより、一部抜粋。続きはソースにて
http://biz-journal.jp/2017/01/post_17614.html

18 名無しさん 2017/01/05(木) 01:34:18.29 ID:88sIofsj0.net
業界全体ではすごい稼いでるくせにな(´・ω・`)
欲ボケ

319 名無しさん 2017/01/05(木) 05:55:21.43 ID:SIeQalc/0.net
>>1
最後の 1行  に尽きるね

19 名無しさん 2017/01/05(木) 01:35:12.07 ID:za9t7tTA0.net
酷いな
どこかで搾取してるんか
そもそも成り立たない商売なのか
コメント 0 | web拍手
ヘッドライン

ページランキング
RT
参加中ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(アニメ)へ PINGOO!アニメ感想ランキング
-
アニメブログ もえぽんず。
  • リンクフリー
  • 相互RSS歓迎
  • TOP絵提案募集中

  • 2018/11/02 またパソコンが壊れた…新しいのが来るまでの間おんぼろサブ機での更新のため更新頻度落ちます(ごめんなさい泣)寄宿学校のジュリエットとメルクストーリアを観て癒されるしかない

    フォロー返すよー



    現はてなブックマーク数 旧はてなブックマーク数
amazon
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧

--