長井龍雪監督「『あの花』は後頭部を鈍器で殴って「ほら、涙が出ただろう?」みたいなやり方をしていた。ここさけではやっていない」

1:名無しさん:2015/09/15(火) 19:15:24.41 ???.net
日本を号泣させた長井龍雪と岡田麿里 青春アニメのセオリーを語る

2015-09-15 12-1.24.36

インタビュアー:『あの花』放送時は、視聴者からの好評がリアルタイムに入ってきたこともあって、
長井さんは作りながら泣ける要素を意識的に盛り込んでいったそうですね。
今回、「泣ける」という点では、さらなるステップはありましたか?

長井:逆に言うと「今回はそこまでがんばらなくていいよね」というところからスタートしているんです。
だから宣伝のコピーで「泣ける」という言葉をたくさん使ってもらっていて、
僕らはすごく怖くなってるんですけど……(笑)。果たして泣けるのかなあ……?

インタビュアー:「泣かせなきゃいけない」という気持ちもどこかにあるんですか?

長井・岡田:(声を揃えて)いや、ないんですよ?

長井:身の丈に合った作品を、と最初に話しましたけど、今回はフラットに作ろうというのがテーマなんです。
もちろん主役には大きな物語を背負わせていますけど、
メインキャラクターの四人を丁寧に描いていったらどういう話になっていくだろう? というのが今回の目標でした。

(中略)

もちろん感情の爆発とか、心が揺れる部分は入れたつもりですけど、
『あの花』は後頭部を鈍器で殴って「ほら、目から涙が出ただろう?」みたいなやり方をしていたという自覚もあって。

岡田:私はそんなふうに思ってシナリオを書いてなかったよ(笑)。

長井:あくまで演出の話ね。強い要素をぶち込んでいくテクニックを『あの花』では駆使しているんですが、今回はそれはやってないんです。

岡田:私はやっぱり、痛い話が好きというか、痛みが欲しいんです。
だから今回も、「泣ける」じゃなくてチクッとするというか、心の内側のチクチクしている感じを意識した物語になったと思います。
インタビュアー:最後の質問です。『ここさけ』完成前にお聞きするのも野暮ですが、もし次回作があるとすればどんな作品にしたいですか?

長井:最近よく言っているんですけど、もし秩父三部作をやらせていただけるならば、
武甲山(秩父市の南にそびえる山)が2つに割れて、巨大ロボットが出てくるアニメをやりたいです。

―それは当然、『あの花』『ここさけ』とも世界観は一緒ですよね?

長井:もちろんです。「まさか、秩父の地下にこんな秘密基地があったなんて!」っていう流れにしたい(笑)。

岡田:あと、秩父の中学校の先生が作った卒業ソングで“旅立ちの日に”という歌があるんですよ。
「それを題材にして!」ってアニプレックスのプロデューサーからよく言われます。
あと秩父の人からは「なぜ『秩父夜祭』でアニメを作らないの?」と言われるのですが、それは監督にリクエストしてください(笑)。



https://www.youtube.com/watch?v=mllee2j-l-c


http://www.cinra.net/interview/201509-kokosake

in_1509_kokosake_l.jpg

PROFILE

長井龍雪(ながい たつゆき)
1976年、新潟県生まれ。木村真一郎のもとで演出を学び、2006年放送の『ハチミツとクローバーⅡ』で監督デビュー。以降、『とらドラ!』『とある科学の超電磁砲』などで監督を務める。2011年に放送されたオリジナルアニメーション『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が高く評価され、第62回芸術選奨新人賞メディア芸術部門を受賞。同作は後に劇場版も公開され、興行収入10億円を突破した。その後も『あの夏で待ってる』などコンスタントに作品を発表し、『心が叫びたがってるんだ。』は2本目の劇場版監督作となる。

岡田麿里(おかだ まり)
1976年、埼玉県生まれ。Vシネマ、ゲームシナリオ、ラジオドラマなどの脚本に携わる。1998年に放送された『DTエイトロン』の第9話よりアニメ脚本を手がけ始め、以降、『とらドラ!』『花咲くいろは』『凪のあすから』などで脚本やシリーズ構成を担当。その後も精力的に活動を続け、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』では、企画原作からノベライズまでを手がけた。2013年には、これまでの功績が認められ第16回アニメーション神戸賞を受賞している。



19:名無しさん:2015/09/15(火) 19:55:02.52 ID:MPtoWA9y.net
ああ分かる
泣きを狙うだけならいいけど泣けよホラwこれで感動すんだろ?wwみたいな押し付けがましいのは気持ち悪い









5:名無しさん:2015/09/15(火) 19:22:35.69 ID:lc69l62H.net

オラオラ泣けよおらあ



6:名無しさん:2015/09/15(火) 19:22:40.72 ID:IEP0B5R7.net
感動の押し付けと泣きの強制をするあの花。



2:名無しさん:2015/09/15(火) 19:18:54.07 ID:BSLQRRQx.net
巨大ロボットw

もうこういう縛られるのはやりたくないって事か?w



4:名無しさん:2015/09/15(火) 19:22:03.78 ID:IqsJp2H8.net
>>2
ゼノグラのリベンジがしたいんだろ
だったらシリーズの知名度に頼らず
オリジナルで勝負しろよと思うが


3:名無しさん:2015/09/15(火) 19:18:57.36 ID:E2RID9CU.net
あの花の作り方は嫌い
いくらでも証明する方法あるのに、
それをわからない振りしてドラマを続けてて白々しいという気持ちがまず強かった


11:名無しさん:2015/09/15(火) 19:28:55.39 ID:lc69l62H.net
>>3
ヒロインを主人公が独占したかったから証明をしなかった
マリーの作るキャラはみんな自己中心的


9:名無しさん:2015/09/15(火) 19:25:31.71 ID:oiGS20rZ.net
そこらへん吹っ切れて開き直ってるのが麻枝



13:名無しさん:2015/09/15(火) 19:34:47.72 ID:crMBytXE.net
世の中はとっても変



──いま、違和感をおぼえることはありますか。

【出崎】『CLANNAD』をやっているときに、この子(ヒロイン)なんで死ぬの? って訊いたんです。

そうしたら「ゲーム上死なないとね、泣けないんですよ」って答えられた。一見シリアスなんだけどさ、オレから見るとちゃんとした根っこがないんだよね。

現象としてそういうのをやれば客は泣く、それがわかっているだけで。だから映画にするときは、どうして死ぬのか、少なくとも心の流れだけはきちんと作っていこう、と。

で、その死に対して、ちゃんとそれを感じる人間を登場させようとした。それは当たり前。当たり前のドラマを作っただけなんです。「ここで死なないとゲームとしてマズイんですよね」。

それは、視聴率だけよければいいや、というのと似ている。「とりあえず殺せば泣くんだよね」というのは、人間を甘く見ている。

甘く見ているし、でもそれで通用する部分があるっていう世の中はなんかヘンだよね。とってもヘンだよね。


14:名無しさん:2015/09/15(火) 19:37:51.17 ID:Cj5AfG5G.net
>>14
それアトラスの橋野にも言いたいわ


15:名無しさん:2015/09/15(火) 19:37:58.24 ID:uphmKsU5.net
あの花は女装してたから好評だっただけだよ


18:名無しさん:2015/09/15(火) 19:50:50.52 ID:LVITYpLo.net
お涙頂戴を自覚的に作るのはいいけどさ
それで感動しましたってファンも多いんだろうからこういうぶっちゃけ話をするのはいかがなものか


17:名無しさん:2015/09/15(火) 19:47:40.60 ID:6+G40S1E.net
映画だかドラマになるのにこんな事言って良いのか?


1442236092584.jpg


1442236092904.jpg


1442236092695.jpg



20:名無しさん:2015/09/15(火) 19:55:43.29 ID:zNaAEJ3y.net
さらに乃木坂でお涙頂戴加速だな




引用元: ・長井龍雪監督「『あの花』は後頭部を鈍器で殴って「ほら、涙が出ただろう?」みたいなやり方をしていた。ここさけではやっていない」


彡 ⌒ ミ
(´・ω・`)  最近顔出しまくってんなw
PICK UP
元祖オワタあんてな復活! http://anige.owata-net.com/
タグ: 心が叫びたがってるんだ。 | 萌えニュース± | コメント 0 | web拍手
コメントを書き込む







関連記事[心が叫びたがってるんだ。萌えニュース±]タグリスト
loading
ヘッドライン
ページランキング
RT
参加中ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(アニメ)へ blogramのブログランキング PINGOO!アニメ感想ランキング
-
アニメブログ もえぽんず。

  • リンクフリー
  • TOP絵提案募集中

  • フォロー返すよー



    現はてなブックマーク数 旧はてなブックマーク数
最新記事
アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧全タグ一覧へ

--